余剰パーツを再利用したUSB接続DVDドライブ
HOME BACK

はじめに

常用PCが絶不調となり、仕方ないのでMusic Serverとして使用していたIntel NUCにWindows 7 64bitをインストールして代用PCとして使っている。
常用PCにはDVDドライブが装着されており、音楽CDのリッピング等を行っているが、Intel NUCではUSB接続の外付けDVDドライブを用意する必要がある。
手持ちのPC用品の中に160GBのIDE HDDを収納した3.5インチ ハードディスク用外付けケースとIDE接続のDVDドライブ(MODEL:GSA-4120B)があったので、これらを組み合わせるとUSB接続の外付けDVDドライブができるのではないとかと考えてみた。

早速、ハードディスク用外付けケースのコントローラーとDVDドライブを組み合わせて、NUCのUSBポートに接続してみると問題なく認識し、CDの読み込みやCDRへの書き込みもOkであった。

ベース板

このままでも使えないことはないが、ケースを自作するのはかなり面倒である。
そこで、木製ボードにDVDドライブとコントローラーをねじ止めすることでお茶を濁すことにした。
アルミ・Lアングルの切れ端でDVDドライブのサポートを作り、コントローラーは木枠にはめ込むことで固定した。

HOME BACK

Last Update 16/Jul/2015 by mac