FreeBSD 11.0へのバージョン・アップ
HOME BACK

現用サーバーはFreeBSD 7.3と PC (Intel D510MO) を使用しているが、もう、6年以上、連続稼働している。
動作が怪しいわけではないが、新しいPC (Asron D1800B-ITX ) に最新のFreeBSD 11.0をクリーン・インストールして予備サーバーとしてみる。
インストールに使用したHDDは500GBHDD(SATA)である。

インストール

FreeBSD 11.0はFreeBSDのサイトから FreeBSD-11.0-RELEASE-amd64-mini-memstick.imgをダウンロードした。
これをLinuxで動作してる自作NASへ格納し 、以下のようにddコマンドでUSBメモリーへコピーした。

dd if=FreeBSD-11.0-RELEASE-amd64-mini-memstick.img of=/dev/sdb

なお、/dev/sdbはUSBメモリーのデバイス名である。

新しいPC (Asron D1800B-ITX ) にモニター、キーボード、LANケーブル、FreeBSD-11.0-RELEASE-amd64-mini-memstick.imgをコピーしたUSBメモリーを装着して電源を投入する。
なお、FreeBSD-11.0-RELEASE-amd64-mini-memstick.imgでは、基本的なファイルしか格納されておらず、その他のファイルはWAN側から引っ張ってくるのでインターネットに接続しておく必要がある。
D1800B-ITXはUEFIを採用しているので、電源投入したらF11キーを連打するとBOOTデバイス選択になるので、USBメモリーを選択してブートする。

インストールに関しては、「FreeBSD ハンドブック」を参照したが、現用サーバーのFreeBSD 7.3とはディスク領域の割り当て等でかなり勝手が違っていた。

ウェルカムメニューで[install]を選択し、以下の項目について設定していく。
*キーボードメニューの選択  日本語106 
*ホスト名の設定  exsample.net
*インストールするコンポーネントの設定  デフォルトのまま
*ネットワークからのインストール   ネットワークインタフェースの設定後、Main Siteを選択
*ディスク領域の割り当て   500GBHDDを選択後、Guided によるパーティションの分割、GPT選択
*rootパスワードの設定
*タイムゾーンの設定   JSTを選択
*サービスを有効にする   デフォルトのまま
*ユーザの追加   wheelグループにも所属させる。

インストールを終了し、リブートしps axで動作している主なアプリ確認するとsyslogd、sendmail、sshdが立ち上がっていた。

サーバーで外部公開するのは、現状と同じでsmtpとhttpdのみで、内部ではftpd、sshd、pop を使う。
sshdが動いているので、これからの作業はWin7PCからTera Term経由で操作するので、現用サーバーの設定ファイル等を、GUIで簡単にコピー・ペーストできる。
これから追加したり設定したりするアプリ類はApache、wwwcounter、semdmail、fml、pop3、ipfilter、syslog等である。

それらの設定をするためにinetdが立ち上がっていると便利なので、/etc/rc.confに以下を追加する。
#vi /etc/rc.conf
inetd_enable="YES"

sendmail

FreeBSD-11.0をインストールするとデフォルトでsendmailが動作しているので、そのバージョンをチェックしてみる。
$ sendmail -d0.101
Version 8.15.2

現用サーバーと同様、これをMTAとする。
/etc/mailへ移動し、rootで以下のコマンドを実施する。
#make
これにより、ホスト名(myhost)が反映されたmyhost.cf、myhost.mc、myhost.submit.cf、myhost.submit.mcが生成される。
今回はmyhost.cf、myhost.submit.cfをそのまま、sendmail.cf、 submit.cfとしてコピーした。
#cp myhost.cf sendmail.cf
#cp myhost.submit.cf submit.cf
その後、現用サーバーを参考にして/etc/mail以下のaccess、aliases、local-host-namesを設定し、再度
#make
とすると、設定が反映される。

次に、/etc/rc.confに
#vi /etc/rc.conf
sendmail_enable="YES"
と記述した。

POP3サーバーであるが、POPはLAN内のPCからMTAとやりとりするだけなので、高機能なPOP3は不要である。
現用サーバーではpop3liteを使用しているので、portsからインストールしてみたが、どういうわけか動作しない。
仕方ないので、以前、使用したことのあるqpopperをこれまたportsからインストールしてみた。
#cd /usr/ports/mail/qpopper
#make install
インストール終了後、/etc/inetd.confに以下を記述すると、無事、動作した。
pop3 stream tcp nowait root /usr/local/libexec/qpopper qpopper

Apache

現用サーバーはApache/2.2.14であるが、今回も2.2系としportsからインストールした。
#cd /usr/ports/www/apache22
#pkg install apache24

次に/etc/hostsを以下のように設定する。
なお、192.168.0.20はサーバーのIP、ns.myhost.netはサーバーのホスト名である。
::1 localhost localhost.my.domain
127.0.0.1 localhost localhost.my.domain
192.168.0.20 ns.myhost.net ns
192.168.0.20 ns.myhost.net.

/etc/rc.confに、apache22_enable=“YES”を追加する。
#vi /etc/rc.conf
apache22_enable=“YES”

最後にhttpd.confを修正する。
#vi /usr/local/etc/apache22/httpd.conf
Listen 192.168.0.20:80
ServerAdmin webmaster@myhost.net
ServerName www.myhost.net:80

以下のコマンドでapacheを起動させ、ブラウザからアクセスすると、このように見えるはずである。

# /usr/local/etc/rc.d/apache22 start
Performing sanity check on apache22 configuration:
Syntax OK
Starting apache22.

なお、バージョンは以下のとおりとなった。
% httpd -v
Server version: Apache/2.2.31 (FreeBSD)

fml

自宅サーバーではいくつかのMLをハンドリングしているので、これらの環境を構築する必要がある。
使い慣れたfmlをインストールしようと思い、fml-4.0.3.tar.gzをダウンロードして
#su fml
$tar zxvf fml-4.0.3.tar.gz
$cd fml-4.0.3
$make install
としたが、エラーが発生してインストールできない。
ネット検索するといくつかの情報がヒットした。

BBRK 14-12-29 fml の makefml がエラー
FML4 patch

それらによるとperlのバージョンが上がっのたのが原因のようである。
念のため、perlのバージョンをチェックすると
% perl -v
This is perl 5, version 20, subversion 3 (v5.20.3) built for amd64-freebsd-thread-multi
となった。
上述したサイト等を参考にして何とかインストールすることができたが、試行錯誤の連続で系統立ったメモを作れなかった。

その後の設定は。以前作ったメモを参考にして行ったが、すでに現用サーバーには設定に必要なファイル類があるので、本機にftpで移設した。

その他の設定

ipfilterも以前のメモを参考にして設定した。
/etc/ipfrulesも現用サーバーのものをコピー・ペーストした。

syslog関係も以前のメモを参考にして設定した。 各種設定ファイルも現用サーバーのものをコピー・ペーストしただけである。

続く

HOME BACK

Last Updated 25/Apr/2017